2011年12月29日

しはす?なしはつ?

イベントや日常業務に追われ、あっという間の12月。師走とはよく言ったものです。
111229_1518~010001.jpg
事務所では熱の入った作業の真っ最中。

「師走」の語源で有名なのは、
師匠の僧侶がお経や説法のために、あちこちに馳参じる月という言葉の解釈から
「師馳す(しはす)」が生まれ、それがなまって師走(しわす)になったもののようです。

実は他の解釈の語源もあるようで、

1・年が果てる「年果つ(としはつ)」
2・春夏秋冬の四季が果てる月「四果つ(しはつ)」
3・一年の最後に為し終える「為果つ(なしはつ)」以上の3つだそうです。

特に3番目は、今年中に仕事をやり終え、新たな気持ちで年始を迎えたいという気持ちになります。


今年もあと残り数日ですが、

担当している業務を「為果つ」気持ちで年末を頑張っていきたいですね。


事業員 ひげを
posted by ドフー at 16:04| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]